MENU

協力隊が宇治茶の産地でGWに茶摘み体験を実施したで!

地域おこし協力隊に着任し、3年目を迎えております。

 

和束にきて丸2年がたち、茶農家さんでの下での経験や、観光にたずさわっている関係機関での経験をもとに、このゴールデンウィークに茶摘み体験を実施してまいりました。

f:id:massan_skull:20180507162249j:plain

  •  茶業と観光
  • 茶摘み体験に関して
  • おえてからの感想
    • 余談

 

続きを読む

”地域”について考えた。

『地域創生』、『地域おこし』って何なのか。

 

『地域おこし協力隊』の増田です。

2018/4/15にこの記事は書いています。

たぶん、ただの長文駄文です。

 

地域おこし協力隊に着任し、1年と9か月を迎えています。

そもそも自分は「地域を活性化させてやるぞ!」というような意気込みをもって協力隊に応募した訳ではありません。

 

f:id:massan_skull:20180416112751j:plain

続きを読む

協力隊×空き家の利活用

2018/3/24に空き家の清掃作業を学生のボランティア団体のカンビューサと共に行いました。

彼らは茶源郷まつりのスタッフとして毎年約100人来てくれています。彼らのお陰で前回の来場者数は12,000人を記録しました。

f:id:massan_skull:20180405085954j:plain

 

さて、今回の活動をする背景には、前年に和束町笠置町南山城村の3町村で同一日に空き家の清掃、廃棄物の運び出しなどをするイベントを行いました。

この時には、空き家が「どうすれば活かされるのか。」を考えるワークショップも同時に行いました。この時には約50名の学生が来てくれました。

続きを読む